「太陽光発電システム」を導入される方が、最近は増えてきたように感じませんか?
すくなくとも、わたしのご近所には、屋根に太陽光発電システムのパネルを設置されているお宅を何軒かありますね。
わたしも、この太陽光発電システムを自宅に導入しました。
この太陽光発電システムの購入を決めたきっかけは、「電気代を節約したい」を思ったからです。
震災での原発事故以来、日本の電力の状況はなにかと不安なことになっていますよね。
いつまた大きな災害が起こって停電になってしまうか分かりません。
電気代の値上げの問題もありますし、これから先も電気代が値上げされる可能性もあるかもしれないと考えると不安になってしまいました。
だったら、電力会社に頼らずに自力で電気を作ることができる「太陽光発電システム」を買ってしまえばいいのではないかと考えたのです。
実際にこの太陽光発電システムを購入してからは、毎月の電気代がかなり安くなりましたよ。
わたしが思っていたよりも電気代が安くなったのです。
毎月の電気代がほとんどかからなくなったので、思い切って太陽光発電システムを買ってよかったと思いましたね。
さらに、太陽光がたくさんあたる季節になると発電量も増えるので、余った電力を電力会社に売ることも出来ています。
自宅で作った電気の量はそれほどたくさんではないので、高額の収入ではありませんがちょっとしたお小遣い程度でも収入になるのはうれしいですね。
室内に太陽光発電のモニターも取り付けらえているので、電気の状態が分かるのもいいですね。
そのモニターがあるおかげで、日々の節電を意識できるようにもなりました。
購入にあたっては、わたしの住んでいる町では太陽光発電システムの導入に対する助成金の制度があったのでその制度を活用しました。
少しですが補助金がもらえたので、経済的な負担も減らすことができました。
補助金のおかげで、太陽光発電システムをお得に購入することができてよかったです。


Filed under: 導入して良かったこと