沖縄電力を除く全ての電力会社が、原子力発電所を所有しています。
福島第一原子力発電所の大きな事故によって一箇所を除いて全ての原子力発電所が停止したままになっています。
早く再稼動することが我が国の産業を再生することにつながるといいのですが、原子力規制委員会の調査などによって、活断層と判断される原子力発電所が出始めていますから、調査を終えて安全な原色発電所と判断されるまでには、しばらく後の話になりそうです。
では、指をくわえて電力不足の状況や火力発電による二酸化炭素の排出をこれまで以上に継続すると、京都議定書による国際公約を達成できず、国際社会から不信感をもって見られることになってしまいます。
では、その問題を解決するためにはどうしたらいいのでしょうか。
そのためには再生可能エネルギーを開発することだ大切です。
再生可能エネルギーは幾つかあり、バイオマス発電、地熱発電、太陽光発電、風力発電、小水力等があります。
では、その中でどの方法が最も合理的な方法でしょうか。
バイオマス発電は発展途上です、地熱発電は国立公園に阻まれています。
風力発電はどこでもできるわけがなく、、風の吹く方向谷津様さに左右されます。
小水力発電は水かさに左右される傾向があります。
太陽光発電は、少々高くつくのですが、小さなところにもパネルが設置でき、着実に発電を行えるとしたら、理想的ではないでしょうか。
しかも、安定した収入が得られるというのもうれしいことです。


Filed under: 福島県と太陽光発電