太陽光発電システムを自宅に設置するメリットの一つに、台風が上陸したり地震が発生してある程度の時間停電になった時に、日中であれば太陽光発電システムが発電する電力を自宅で使用できる点があるでしょう。
null東日本大震災で大きな被害をこうむった福島県では、県内の至る所で長期間停電しましたが、太陽光発電システムを設置していた家庭は電気を使用することができ、災害時のリスク軽減に太陽光発電が大きな役割を果たす事が実証されています。
太陽光発電システムは太陽光がエネルギー源のため夜間は発電しませんが、災害時にライフラインが復旧し停電が解消されるまで家庭内で家電製品の使用が可能です。
例えばテレビやラジオで緊急ニュースを確認できるでしょうし、携帯電話を充電できるでしょう。
東日本大震災の時も携帯電話の電波は復旧が非常に早かったですから、自宅に太陽光発電システムがあるというのは、災害時や非常時の備えとして非常に有効な手段となります。


Filed under: 福島県と太陽光発電