福島では原子力発電もありましたが大きな事故を起こしてしまいました。
そういった発電システムにやはり疑心暗鬼な状況が出てきてしまっています。
そのような状況の中では、注目されているのが太陽光発電です。
太陽光発電なのですが、大きなメリットに枯渇しないエネルギーであるということです。
nullそもそも地球内にあるエネルギー源ではありません。
宇宙から降り注いでくるエネルギー源になっていますので、特に枯渇する心配がないというわけです。
太陽がなくなってしまうようなことがあるまでは、そのエネルギーを利用していくことができるようになっています。
そこでそのような太陽光を利用した発電については、比較していくとよくわかるのが火力発電です。
火力発電には、まずは石油を使います。
石油は地球内部にあるものです。
ですので、使っていればいつかは枯渇してしまいます。
未来永劫使えるわけではないというわけです。
また、それだけではありません。
火力発電はいろいろなものを排出します。
それは、二酸化炭素や、硫黄酸化物、窒素酸化物といったものです。
それらは、大気を汚染するような物質になってしまっています。
地球の気温上昇にも手を貸してしまうものになっていますので、ゆゆしき事態を招く可能性もあるのです。
上記したような物質ですが、太陽光発電では一切発生させません。
枯渇しないエネルギーを使いまして、
地球を汚してしまうような物質も発生させない発電システムが太陽光発電です。
素晴らしいということがよく伝わってくるのではないでしょうか。


Filed under: 福島県と太陽光発電