私は福島県の郡山市に住んでいます。
原子力発電はもうこりごりです。
私の家族はどこかに引っ越すなどということは無く、家族皆無事でしたが、親戚などは新潟や山形市や埼玉の大宮に非難しています。
原発事故は私たちの生活を根底からひっくり返す出来事でした。
福島県民でありながら、福島産の野菜は口にしないなど、とても苦労をしました。
そんなときに太陽光発電を設置しようと決意しました。
無限の日の光を利用して、無限に発電できる、二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーです。
太陽の光をいっぱい浴びたからといってがんになる心配もありません。
放射能はもうこりごりなのです。
原子力は安い電気を作り出すといっていますが、いざ暴走したら誰も止めることなどできません。
それであるならば、自宅で電気を作ったほうが、原子力より発電効率が悪く、夜発電しないといっても安心に勝るものはありません。
太陽光発電の経済効果がどうのこうのという前に、原子力に対するレジスタンスとして太陽光発電をすることに決めました。


Filed under: 福島県と太陽光発電