皆さんも福島原発の事故は、いまだ記憶に新しいと思います。
あの事故は、原子力はいったん暴走してしまうと制御できない、と言うことを我々に知らせてくれました。
皆さんは覚えているでしょうか、それまでの太陽光発電の設置理由は、地球環境の保護でした。
二酸化炭素を出さない太陽光は、再生エネルギーとして地球を温暖化から救うと言った目的が主目的ではなかったでしょうか。
京都議定書によって日本の二酸化炭素削減目標があったからです。
そしてもう一つ覚えているでしょうか、二酸化炭素を出さないエネルギーに原子力もあったことを。
福島の原発事故以前、日本も原子力エネルギーの比率を高くしようとしていたのです。
原発事故で苦難と忍耐を強いられている福島県民にとって、太陽光発電は地球環境とか、太陽光発電による経済的理由ではないと思います。
電気エネルギーはどうしても我々は必要としています。
安全で安心して利用できるエネルギーを我々は必要としているのです。
福島県民にとって太陽光発電は、安全で安心して利用できるエネルギーを自分で作り出すと言った動機ではないでしょうか。


Filed under: 福島県と太陽光発電