1995年の1月に阪神淡路大震災が起こりました。
それから活断層は活発に動くようになり、各地で大震災が起こるようになりました。
活動期に入ったと言われています。
今後またいつ大震災が起こるかわからない中で、私たちは生活を送っているのです。
そのため避難生活をする際にも便利なアイテムが、販売されていると紹介をしました。
そのほかのアイテムについても紹介をしたいと思います。
携帯電話の充電について話をしましたが、一般的に充電機に差し込んで充電をしています。
ようは電気や電池がないと、携帯電話の充電が出来ないんですね。
しかし、ソーラーパネルを応用した携帯電話が販売されているんです。
従来のように充電器を使用しなくても、携帯電話の充電をすることが出来るんです。
電卓を紹介しましたが、同じ原理になっています。
太陽の光をパネルの部分にあてておけば、充電が出来る仕組みになっています。
そのため、充電器が不要ということなんです。
充電器を紛失してしまうこともあるので便利ですね。
携帯電話だけではありません。
電気自動車も販売がされていますね。
ソーラーカーとも呼ばれていますが、太陽の光をあてて充電をすることが出来るようになっています。
日中にソーラーパネルの部分に太陽の光をあてて充電をしておいて、日中だけではなくて夜間でも走らせることが出来るようになっています。
もちろん日中に充電をしながら、車を走らせることも出来ますよ。
ガソリンにて自動車は動く仕組みになっていますが、ガソリンは空気を汚してしまうという点もありますので、環境に優しいということで注目もされています。
充電電池も販売がされています。
電池に関しては使い捨てということで、ゴミなどの環境問題がありましたが、繰り返し電池を使うことが出来るので、ゴミが減るというメリットがあります。
その充電電池をコンセントにさして充電をするのではなく、太陽光発電にて充電も出来るようにもなっていますよ。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>