2011年の3月に東日本大震災という、とても大きい地震が起こってしまいました。
そして、福島県の原子力発電の事故も残念ながら起こってしまいましたね。
その後電気の供給がストップしてしまうなど、電力不足にも悩まされるようになりました。
自然エネルギーについては、以前から注目がされていたことなのですが、2011年の経緯を受けて、さらに考えられるようになったのです。
今まで電気については、何気なく使っていませんでしたか。
電気がなぜ使えるのかという仕組みについてですが、電力会社が発電を行ってくれていて、その発電された電気を購入しているのです。
照明のスイッチをつけたりですとか、電子レンジを使ったりですとか、テレビを見たりする際にも電気が必要になりますね。
計画停電などで電気の供給がとまると、あらためて電気は大切なものだと実感をします。
そこで自然エネルギーの1つ、太陽光発電についても考えてほしいのです。
まず、自宅で発電をすることが出来るという点にメリットがあります。
今まで電力会社に任せていた分、電気について関心がなかったかもしれません。
それを自ら行うのですから、今日はどれぐらい発電が出来たのかななどと、電気について興味を持つようになることが考えられます。
また、今まで1日にどれぐらいの電気を使っていたのか。
知っている方は少ないかもしれません。
例えば、今日は発電をした電気でまかなうことが出来たのかなと、考えることにも繋がります。
そこで1日どれぐらい電気を使っているのか知ることも出来ますし、使い過ぎていると感じるようであれば、節電をすることも考えるでしょう。
せっかく導入をするのであれば、発電をした電気でまかないたいものですよね。
そのためには、発電をするということも大切ですが、使っている電気の量を減らそうと努力をするとも思います。
結果、電気を使う量が減り地球環境にも良い行動を起こすことになるのです。
良い取り組みだと思いませんか。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>