3.11以降、福島に住んでいると、さまざまないわれのない風評被害などの経験をしてつらい思いをすることも多いです。
今までエネルギーについて特に考えた経験がなかった方や、原子力発電の雇用の恩恵にあずかっていた方も今はエネルギーに対してさまざまな違った感情を持つようになりました。
null安全と言われていたエネルギーがそうではなかったと分かったときに私たちはどのような選択をするべきなのでしょうか。
福島でも現在太陽光発電への関心が急激に高まっています。
それもすぐに取り付けたいという積極的な姿勢での関心です。
エネルギーのことで苦労した分、これからは前向きに環境の事を考えた発電方法を検討しようという動きが高まっているのです。
太陽光発電は二酸化炭素を全く出さずに無尽蔵な太陽光エネルギーを利用することができます。
さまざまな資源が枯渇していく不安と、環境汚染への不安が一気に解決される答えが太陽光発電という事で日本中から注目を受けています。
太陽光発電は基本的に発電のみで蓄電はできません。
でも災害時に自宅の太陽光発電を利用することもできます。
これを自立運転といいます。
自立運転コンセントを使って自立運転モードにモード返還をするのですがこのシステムを利用すれば停電で困った災害時のあの思いをすることもありません。
さらに蓄電のシステムを導入すれば寒い冬の夜も昼間に蓄電した分の電力を使うこともできます。
日常と災害の時、両方活躍できるのが太陽光発電です。


Filed under: 太陽光発電の魅力